たるみの原因|肌の悩みならたるみ治療やアンチエイジングを試してみよう

肌,com

たるみの原因を知って治療や予防に努めよう

原因を知ろう

加齢と共に失われ、肌のハリや弾力は失われます。それらが失われるとたるみが現れます。たるみは年齢より老けて見えることからも、悩みの種でしょう。こちらでは、たるみの原因となる理由を紹介しています。

たるみ治療を受けたい部位

no.1

シワが出来やすい

おでこは何気なく日常生活を送っていても、どうしても見える箇所です。そして眉などをよく動かして喋る、表情豊かな方こそシワが出来やすく、たるみが出やすい部位なので、治療を受けたいランキングのトップに入りました。

no.2

視界が狭くなる

現代ではスマートフォンや、パソコンによる長時間見続けていることによって、上まぶたのたるみに繋がります。まぶたにも筋肉があるので、均等に使用していないと衰えて筋肉は垂れて下がっていきます。

no.3

老けて見られる

一見クマにも見える目の下のたるみは、脂肪の突出が要因となっている場合が多いです。また、目の周りは皮膚が薄いのでたるみの影響が出やすく目立ってしまうことから、治療を希望される方が多い部位に選ばれました。

たるみの原因

男女

ハリの低下

主に、顔のたるみの原因とされているのが肌のハリや弾力が低下していることが原因とされています。紫外線や生活週間が要因となって、肌の深層にまで影響を及ぼします。また乾燥や加齢が原因で、水分を保つことが出来なくなり肌のハリが失われていきます。

顔の筋肉の衰え

顔には2種類の筋肉が存在していて、表情筋や深層筋をどちらかが衰えても顔のたるみの原因につながります。表情筋は目に見える皮膚を支えており、深層筋は骨についている筋肉を主に支えていて、表情筋を影で支えている存在です。

姿勢の悪さで伸びる

顔を支える筋肉は、顔と繋がっている頭や首と繋がっています。そのため、猫背や姿勢の悪い状態を長時間続けた生活をしているとたるみを誘発してしまいます。

広告募集中